進撃の巨人ーATTACK ON TAITANー〜ネット上の酷評レビューを見てから観てみたら想像よりもおもしろかった件〜

シェアする

2

早速、見て参りました。

感想としては…

まずネットの酷評レビューを見つつ、映画を観る事への覚悟をしてから観ると、意外とかなりおもしろかったよかったよ…!

と感じた次第です。

※以下、ネタバレアリです!

スポンサーリンク
Sponsored Link

「進撃の巨人〜ATTACK ON TAITAN〜」を見た感想!

感想の結論を最初に言ってしまいますと、「原作の進撃の巨人の設定を参考にしつつ、舞台を日本に変更し、主要な登場人物の名前はキープし、VFXの技術には限界があるので日本っぽいホラー映画の要素を満載させて上手く絶望感を演出した作品」という印象でした。

おもしろかったですよ!

更に映画を観る前の心構えとしては、進撃の巨人の原作と実写版の違いは「エヴァ・破とエヴァ・Qくらいの違い」と覚悟しておくとバッチリかと思います!

「きっとみんな心から期待していたのだろうなぁ…」と考えさせられるネット上の酷評レビュー

まず前提としてなのですが、僕は、邦画作品はほとんど見ておりません。

何故なら。

世界中で様々な国の人に観られる事を予め見越して超絶な予算を掛けて撮影する事ができるハリウッド作品に対し、日本人向け、日本国内のみでの公開となる邦画作品。

これはどう頑張って比較してみても1本の映画にかけるお金の桁が違ってきてしまうので、作り込まれた映像のクオリティという面では邦画は洋画には勝てないと思うためです。(邦画の良い所ももちろんたくさんありますよ!)

つまりちょっとドライな言い方になってしまいますが、邦画作品には予め映像クオリティを期待しておりません。

それを踏まえた上で(ネットで話題になっていた酷評レビューを予め見て予習をした後に)映画館に足を運んでみたところ…酷評レビューを読んで想像していた以上におもしろかったです!

邦画の実写化レベルも、だんだん上がってきている感じはあると思いましたなぁ。ゾンビっぽさがあったけれども(顔のことは置いておいて)巨人の気持ち悪さはあったり、血しぶき飛ばしまくりでグロさもあったし、立体機動のスパイダーマン感も出ていたし。個人的には登場人物それぞれの衣装や武器に漂う、良い意味でどこか埃臭いようなスチームパンクっぽさがけっこうツボでしたし。

進撃の巨人〜ATTACK ON TAITAN〜。個人的には、かなり楽しめる作品だったのではないかと思います。(ちなみに僕はイオンシネマのULTIRAという、高画質・高音質のスクリーンにて拝見しました。音響が良かったのもGoodだったのかも)もちろん原作と実写版で異なる部分も多々ありましたが、それも含めて楽しむべき作品なのではないかなと。

で、邦画作品としての映像クオリティはけっこう高かったにも関わらずネットでは酷評が溢れてしまっているという事は、それだけこの作品にみんなが期待していたって事なのだろうなぁと思いますよね。好きだからこそ、だよね。

来月公開の後編に期待!

原作と実写版の違いについて

基本的には原作ストーリーを一度全て忘れて、パラレルワールド的な作品を見る覚悟で見ていただくと良いのではないかな?と思いました。それを知らずに原作の流れ通りを期待してしまうと、ちょっとショックを受けてしまうのかも。

世界観の違い

原作ではドイツの世界観が舞台となっているそうですが、実写版での舞台は日本、それも現代から遠い未来の日本を舞台に描かれていましたね。そのため、登場人物の名前には所々で日本名っぽい人が登場したり、迫り来る巨人の顔も日本人の顔になっています。

しかしそこは突っ込んではいけません。これはこういうモノ。巨人の顔が芸人の誰々に似ているとか、巨人に何を考えているか分からないような恐怖感がないとか考えてはいけません。

そ う い う も の なのです。

エレンとミカサは原作とは別人と心得る

ネットでは「エレンやミカサのキャラや設定が、原作と全然違う!」っていう意見の批判もかなり多かったそうですが、ここに関しては個人的には、映画のプロモーション側がちょっとファン心理を甘くみすぎてしまっていた部分もあるのではないかな?と。

最初から「原作とは似て非なる世界です」とか「幼い頃に両親を亡くした、エレンとミカサ」などといった、原作とは違うんですよ臭を醸し出していれば、ここまで大きな批判にはならなかったような気もするのですが。

だって僕、原作とは違うっていうその設定をネットのネタバレで予め見ていても、十分に楽しめましたもん。(むしろ見ていてよかった…?)三浦春馬のエレン熱演はなかなか良かったのではないでしょうか。

実写版オリジナルの新キャラとして登場していた、長谷川博己さん演じるシキシマ隊長のリヴァイ兵長に寄せたっぽさもおもしろかったしね。ミカサに色目を使うキザなリヴァイ兵長っていうイメージがちょっと笑えたw

観る前の期待値コントロールって、大事ですね。

調査兵団?討伐隊?

エレンは原作では母親が巨人に喰われるストーリーでしたが、映画では幼い頃に両親を亡くした設定になっていましたね。

で、超大型巨人の最初の襲来の際に、目の前で巨人に襲われるミカサを助けることができずに巨人に怒りを覚え、復讐を覚悟し討伐隊に入隊します。(ここでちょっと気になったのが、エレンたちの隊の名称は「討伐隊」って呼ばれていませんでした?「巨人の殲滅はあの調査兵団でさえダメだった〜ー」なんてセリフがあったような気がしたんだけど…気のせいかな)

時間の限られた劇場作品なので原作にも登場したキャラの個々のエピソード披露シーンはかなり少なかったですが、ある意味で一目でそのキャラと分かる程のキャラ立ちは強烈だったような。

しかし、常識的に考えて何故あの空間・あのタイミングでラブシーンが始まるのかは謎ですがw

エレン・ミカサに比べてしまうと、アルミンの出番がちょっと少なかった気がしてしまいましたね。原作ではけっこう大事なキャラなので、後編にちょっと期待。

「進撃の巨人」という巨大お化け屋敷の中を進んでいくような感覚

この映画を見つつ、「この感覚ってどこかで感じた事があるような気がするな…?」と思いふと頭によぎったのが、この感覚。

青みがかった映像の雰囲気や巨人の登場シーンの演出やグロ演出の魅せ方・効果音がなんだか、お化け屋敷っぽい感じがしたんですよね。

VFXのクオリティではハリウッドに絶対敵わない分、日本が得意とするホラーっぽい演出とグロさで魅せた内容は、なるほどなぁ!と思いました。

世界のループ説、濃厚?

映画を観て「むむっ??」と感じた(というかほぼ確信?)点としては、やはりコレかなと。

壁の縁に残されたヘリコプターの残骸や、國村隼さん演じるクバルのセリフ、「人類が過去に科学を発展させた結果、何が起こったか?」という言葉の意味、原作には登場しなかったトラックや自動車のような機器の登場を考えてみると、原作版の巨人との戦いを繰り広げた世界は一度終結し、改めて日本を舞台にして、

文明が過度に発達する(現代)→文明が滅びる→巨人が出現する(映画の舞台)

という流れが起こった結果としての世界が、劇場版の世界なのかなと思われますね。

そうなると実写版の巨人の顔が日本人っぽかったり登場人物の名前が日本人っぽい理由も、辻褄が合ってきますし。エレンを始め、主要キャラたちが横文字名前そのままである理由は、彼らは原作の舞台となった国外から移民してきたという設定…かな?

そう考えてみると、エヴァQもそうであったように、”大ヒットしたコミック原作の映画化”という際には、今後はこのような手法での映画化が多くなってくるかもという予感が。パラレルワールドやループ世界として描くのであれば、ある程度の原作のおいしい設定を活かしつつ、また違った楽しさを表現することができますもんね。

これをやりだすとキリがなくなるという意見もあるかと思いますが、個人的にはこういった、共通したフレームを根元に持ついくつものパターンの作品を楽しむ事ができるループ・パラレルワールド演出は、とても好きでございます。ドラクエとかFFシリーズがどれもおもしろい理由も、実はそこだったりしますしね。世界は違っても共通する概念があることのおもしろさ。

そう考えると、新劇と進撃…まさか…ね。