【映画】「進撃の巨人〜エンドオブザワールド(後編)〜」の感想

シェアする

1

観ました!

感想としては。

「邦画最先端の特撮映画!!」

と、いう感じでしたね。

(ストーリーはさておき。)

や。特撮映像はかなり迫力あって、最新CGと特撮を折り交えた、凄く映像クオリティの高くなったウルトラマン!というような印象がありましたね。

進撃の巨人実写映画版の前編後編をそれぞれ一言で言うならば、

世界観・絶望感の「前編」

特撮CGの「後編」

という感じかなと。

前編でイイ感じだった衣装や街並みの雰囲気を、後編まで持っていって欲しかったところです。

スポンサーリンク
Sponsored Link

最新の特撮映画はコレだ!として観てみると良いかも

後編を見終えてまず個人的に思ったのは、事前に「この映画はストーリーよりも特撮に力を入れて頑張った映画だよ!」っていう事を事前にしっかりと言っておけば、予めもうちょっと期待値調整が出来てよかったのかもしれないなぁと。(もちろん、そんなのは無理だとは分かってますが…)

前編はまだ欧風レトロな原作の雰囲気を踏襲した世界観が表現されている感じがあったんですけれども、後編はほぼ、「あぁ〜、エレンとこの巨人たちの特撮バトルが撮りたかったんだろうな〜」という印象、ね。

「監督を知り、映画を見る」派の特撮映画ファンの方々からすると、監督の樋口さんは特撮界では超有名人であるためこの映画の内容については予め予想がついていたのかもしれませんが、僕を含めた一般人は「映画の原作/予告を見る→内容を見る→監督に興味を持つ」という流れの方がほとんどだと思うので、予告編で期待値を高められすぎてしまったかな感も否めなかったかなと。

前編では普通の巨人がいっぱい出てきて、ぬるぬるの気持ち悪い絶望感がこれでもかというくらい表現されていましたが、後編では普通の巨人との戦闘シーンはゼロ。ちょっと気が抜けるというか締まりがないというか、せっかく全編で良い感じだったあの恐怖感が薄らいでしまった感はありましたなぁ。

ちなみにエレンvsシキシマのバトルは今回のメインバトルだったのかな?と思われますが、それにしてはちょっと迫力が少なかったかなぁ感も否めませぬ。

飯田さんと藤田さんの対談エントリーでも言及されていましたが、巨人化しても中のエレンとシキシマさんの様子が画面にながらのバトルは、ちょっと緊迫感に欠けてしまう所がありましたな。(勉強になります)

真剣勝負にはやはり、言葉は必要ないようです。

ストーリー展開はちょっと力技すぎる?かな

後編はストーリー展開というかキャラ設定というか全体の流れというか、なんかいろいろな部分が短縮されすぎてちょっと無理があったような…?気がしてしまったなぁ。

特に、巨人に隠された真実のネタバレ部分だけは、せめてもうちょっと具体的にロジカルにしてくれていれば更に世界観に入り込めたかなーと感じました。

「人類共通の敵(巨人)を作って、壁の中でもう一度、人間同士で仲良く団結しよう!」というお偉いさん達の企みは分からなくもない気もするんだけどね、そのために敢えて危険な人体実験をしてまで巨人を作る意味は、果たしてそこまであるんかいな!?と感じてしまいました。キャプテン・アメリカみたいな肉体改造をして超人を作るとかなら分かるんだけどもね。

更にその後、人体実験には無関係の世界中の人々がどんどん巨人化していった経緯も原因不明。ウイルスを撒いたとかっていう設定なのかなー。

そして極め付けは、シキシマさんとクバルさんも実は巨人というトンデモ展開。

原作では巨人化=歴代の家系というように巨人化するのは理由がありましたが、この辺りの説明は一切無しだったのがモヤモヤでしたなぁ。

シキシマさん、調査兵団時代から巨人化できてたの?それならそもそもなんで調査兵団に入ったの?ひとりで中央政府内部で巨人化してお偉いさんを叩けば終わりじゃないの…?そして本気で革命を狙っているならば、仲間思いのエレンの性格を予め見越して、「みんなで政府を倒そう!」って言って利用すれば早かったんじゃないの?

〜追記〜

シキシマさん、エレンのお兄さん説もあるそうです。

▶︎「進撃の巨人ブログ.com」

言われてみてばそういえばそんなシーンも。わかりづら…!!

クバルさん、壁の中の統制を守りたいのなら自分がちょっと巨人化してビビらせればよかっただけじゃないの?わざわざ穴開けて巨人いっぱい入れて、そこを自分が塞ぎに行くっていう無駄仕事を増やしたのは何故なの…?

なかなかに(ストーリーの間の繋がりを無理矢理に)考えさせられる内容でしたなぁ。ある意味、深い(?)。

しかし、ハンジさん頑張って(よく叫んで)たね!頑張ったね!

サンナギくん、バカ力で塔を倒すまでよく耐えたね!

シキシマさんとクバルさんあれだけデカい口たたいて巨人化したのに、ちょっと弱すぎたね!人間のままの方がよかったんじゃないかね!

ジャン、なんやかんやで頑張ったのに最後の最後に死んじゃうなんて、ちょっと切なすぎるね…

エレン、最後の方はなんだか叫んでるだけで頼りなかったね…

進撃の巨人のメッセージ性の部分に思う事

進撃の巨人の世界観の中では、原作アニメ実写を問わず、「あなたにとっての望ましい人生とは、安定してはいるが誰かの作った檻の中に捕らえられたままの人生が?それとも危険はあるが、しっかりと自分の意思と脚で地に足を付けて立つ人生か?」というメッセージを常に問われるような描写が多々、散りばめられておりますね。

実写映画verの巨人のネタバレ背景を参照しますと、科学技術(人間を巨人化させるという技術)の発展・暴走が世界の荒廃を招き、その結果、政府は行き過ぎた知識や技術の開発を規制し、何も知らない人々は壁の中でただ”生きる事”だけでさえ幸せを感じることができる世界ができたんだよっていう流れ。

政府と革命軍。正直、どっちの考え方も理解できるしどっちが正しいなんていう基準は人それぞれなのでこの問いに対する正しい答えなんてものはないんだろうなと思うのですが、あくまで個人的な考えとしては、どっちにしろそれが自分の望む生き方であれば素敵なんじゃないのかな?と(中途半端な真ん中の意見ですみません)。

調査兵団のように巨人を駆逐して新しい世界を作る!という事を生きがいにする人もいれば、壁に守られた世界で誰かを愛し、その人とお互いを思いあって生きる事それだけでも、生きる意義を感じることができる人もいるだろうし。

みんな違って、みんなイイ。

生き方はやっぱり、自分の意思で決めてこそ。なのではないかなと思います。

まとめ

劇場版進撃の巨人。ストーリーについては深く見なかった事にすれば、その絶望感と荒廃感はかなり表現されている作品でした!(前編は。)

もし可能であれば、日本らしい最先端のデジタルアニメverにて、進撃の巨人のスピンオフ映画を見てみたいものですなぁ。

コメントの入力は終了しました。