【Hulu】ザ・ラストシップの感想です〜第二・三話〜

シェアする

2

Huluにて見ましたよ〜

第二話も引き続き、大迫力シーンのオンパレードすぎですねコレ…爆発・銃撃戦・銃口を向け合っての緊迫感のある交渉シーン、そしてトドメは、海上の戦艦から陸地へのピンポイントを狙っての爆撃シーンなんて、男としてはその最新システムの正確さと破壊力に、ただただ興奮しかしませんよねコレは。どんだけ爆発してるんだ。

そして第三話ではまた雰囲気が一転し、戦術著書も出しているロシア戦艦の天才艦長との、海を挟んでの頭脳戦。面白いなぁ。しかし全く意思の揺らぐことのないトム艦長。男前すぎますね…!

それにしてもレーダーを通して見たら小さなアルミホイル大にしか映らない米海軍戦艦のステルス機能は凄いなぁ。あんだけ巨大な戦艦なのに。どんだけ(レーダーから)隠れてるんですかね。

しかし、ザ・ラストシップ。1〜3話までみ終えましたが、ストーリー展開のテンポがとても良いですね。ほんと。

後半までじっくりと引っ張るのかな…?と思っていた、博士の助手でありロシア軍への内通者であったクインシーさん。早々に身バレしてしまいましたものね。その密告の原因は、妻と子供をロシア軍に人質に取られたからという理由だったので、サンプル回収にあたっての手際がぎこちない即席感であることにも、納得。ここでクインシーさんの裏切りフラグカードを全く名残惜しむでもなくサクッと使ってしまうということは、この後の展開では更なるどんでん返しが潜んでいそうな雰囲気ですね…これはワクワクしてしまいますね…。

そしてダニーとフォスターの恋愛模様にも、急展開が。

悲しい別れなのかな…?という予想は見事にハズれ、これはこれは思ってもみなかった現代風なリアルな展開に。ダニー、男らしいですなぁ。しかしフォスターさんも、これで「はいそうですか」と安々と引き下がる女でもない(?)と思いますので、ここからどうやって巻き替えしてくれるのかがまた楽しみでもありますね。

とりあえずはロシア戦艦の追従からなんとか逃れることができた、トム一行。しかし、あの雰囲気だとまだまだしつこいロシア軍とのバチバチは続きそうですね。

あと、この看守さん。後々、絶対に泣かされるイイ役割を果たしてくれそう。

FireShot Capture 1 - 「ザ・ラストシップ I (字) グアンタナモの罠」を視聴 - http___www.hulu.jp_watch_862059

アルマゲドンで言う、ロシアの宇宙ステーションに住んでいた、レバーが壊れた燃料タンクをぶっ叩いて無理矢理直した英雄、「レヴ」的な感じがしまくりますよね。

1

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。