【映画】「スターウォーズ・フォースの覚醒」〜スターウォーズのある時代に生まれて、本当によかったです…!!〜

シェアする

4

ネタバレありです!

2015年12月18日(金)。

公開日初日の4DX初回上映のレイトショーに、いつものララガーデン春日部の4DXスクリーンにて、見て参りましたよ…!

「A long time ago in a galaxy far, far away…」

あのイントロの文字が無音の中の4DXの大スクリーンに表示された瞬間の感動と言ったらもう…!!感無量でした。

想いは溢れるばかりで書きたい事ばかりでまとまらないので今後内容に修正が入る可能性もアリですがまとめました。

あ、ちなみに最初に申し上げておきますが、僕がスターウォーズを観る際のスタンスとしてはストーリーの斬新さや意表をつくサプライズへの期待はそこまで大きくなく、ただただあの個性溢れるキャラクターたちが大画面の中で自由に動き回る姿を観たい、壮大なスターウォーズ・サーガの様子をちょっとだけ覗き見したい。そんな穏やかな気持ちで観ております。

Sponsored Link

これからエピソード7を観られる方に向けて、事前にお伝えしたいコト

スターウォーズって実は、膨大な宇宙の歴史(”スターウォーズ・サーガ”と呼ばれていますね)が描かれている中でのほんの一部のストーリーがそれぞれ映画化されているという作品でして、映画で描かれていない設定やストーリーって、たくさんあるんですね。

で。今作のエピソード7はエピソード6から30年後のお話という事で、その30年間の間にあった出来事のあれこれを事前に知っておくと、より一層エピソード7を深く楽しむ事ができるのかな?と思われます。

現在判明している「ジェダイの帰還」以降のスター・ウォーズの未来 | コタク・ジャパン

深い…やはり深いです。スターウォーズの設定。

受け継がれた神話

Star Wars: The Force Awakens Ph: Film Frame ©Lucasfilm 2015

アナキンから始まりルークを経て、今、レイへとたどり着いた、青いライトセーバーのバトン。

しっかりと受け継がれましたね…!

新3部作の幕開けとなるフォースの覚醒。ルーカス監督からJJエイブラムス監督に受け継がれた最新作は、旧シリーズへの数々の愛あるオマージュに溢れつつ、しっかりと過去作との繋がりを彷彿とさせる延長線を交えつつ、それでいて過去とはしっかりと決別し、新たな物語のスタートを感じさせるような、本当に満足度120%の内容でした。

そして、あの砂埃舞うような銀河の世界観は、まさに懐かしのスターウォーズ…!

エピソード1,2,3の文明や水や緑が煌めく栄光の時代とは明らかに時代が異なる、荒廃や砂埃の気配が終始漂い、街のそこかしこに壊れたドロイドや宇宙船が放置され、そこから漏れ出したエンジンオイルの鼻を突くような臭いがどこか伝わってくるような世界観。これこそがエピソード4,5,6時代の、泥臭いスターウォーズの世界だった!そう思い出させるような懐かしい世界観が、そこには拡がっていましたなぁ…30年という時間の経過を肌で感じさせるような数々の備品の廃れ方。いつぞや墜落したのであろう巨大なスターデストロイヤーの残骸や、砂漠に横たわるAT-AT、苔や汚れで変色したミレニアム・ファルコン号の船内などなど、その随所に「長年の歴史」を肌で感じさせられるポイントが散りばめられており、その一つ一つがさりげなく画面に映し出されるたび、”エピソード6から30年”という、短いようで長い時間の経過を感じさせられると共に、スターウォーズを初めて見た幼いあの頃からの歴史を感じました。

どのシーンにも感動しすぎてワンシーンごとに感じた事を細かく語りたい程に気持ちが収まる気配がない程にアレなのですが、全てを総括して一つ挙げるとするとやはり何と言っても、ハン・ソロですよね。J.J.エイブラムス監督。そう来たか…!と。それ以外にも旧作を彷彿とさせるようなシーンは多々交えられていましたが、ソロ × カイロ・レンの対峙シーンは、旧作からのファンであればその先のシーンの予想に、思わず身構えてしまう人も多数だったのではないかな…と。個人的にちょっとだけ後味が悪かったのは、ルークとベイダー(アナキン)の時のようにお互いの気持ちに素直な対峙ではなく、カイロ・レンが一瞬だけ改心をした”フリ”をして、まんまとソロに近づいた点ですよね…。自分の気持ちを素直に表に出そうとしない「ザ・現代っ子」風なカイロ・レンの描き方が、まさに今の時勢を映し出していたような感じがしました。ファンとしは涙無しでは見ることのできない程のシーンでしたが、しかしここで敢えてこの展開を持ってきたからには、このシーンがエピソード8,9に繋がる重要なポイントになってくるのだろうな、との続編の期待感へも繋がってきますね。

酒場のオーナーのマズ・カナタも、レイに向けて言ってましたもんね。「ルークは過去にはいない。未来にいるんだ。(うる覚えですが)」って。

ちなみに、ライトセーバーでのバトルシーンの派手さが3に比べると拙い感じがしたのですが、これ流れも含めてのep4,5,6から続く演出だとするならば、さすがJ.J.エイブラムス監督は細部までよーく拘って作っているな…と感無量でございます。なぜなら、ep3での帝国側の奇襲攻撃で世の殆どのジェダイは滅び、辛うじて生き残ったヨーダやオビ=ワンもep4の時点では世間から身を隠して暮らし、しかもジェダイとして弟子をとってはいなかったので(ベイダーが最後のフォースの使い手と言われていたくらい)、ep4当時の世界ではジェダイの修行をしている人が誰もいなかったんですよね。原作に沿うとするとep6と7の間の時代にようやくルークがカイロ・レンを弟子に取り始めジェダイを再建し始めようとしていたくらいだから、昔ほどガッツリとジェダイの修行をする機会はなかったワケで。そんな訳で、ルークの弟子であったカイロ・レンもそこまでがっつり修行をしていなかったハズなので、ライトセーバーによる戦い方も拙い感じであることも、納得。というか、設定がめちゃくちゃ細かい。

8,9では成長したレイもしくはフィンによる超絶ライトセーバーバトルを見ることができるのでしょうか。期待!

鳥肌の連続!新キャラ&歴代キャラの再登場シーン

それぞれ、溜めに溜めてからの歴代キャラクターの再登場シーン。泣けた!

ハン・ソロ&チューバッカ

4

予告編でも何度も何度も観た、「チューイ。帰ったぞ」のあのシーン。歳はとってもその全身にみなぎる野生感はそのままのソロに、鳥肌がたった瞬間でしたよね。新作内ではどういう経緯でファルコン号に戻るのかな?と思っていましたが、実際のシーンを見てみて、”帰ったぞ”の意味はそういう事だったのか…!と感激。

レイア&C-3PO&R2-D2

3

2

まったく、イイとこ取りするねぇ…!ニクいですね!歳を重ねてもレイア姫の品のある雰囲気は健在。C-3POの赤い腕はどうしたのだろう?気になる。R2-D2がルークが居なくなってからずっとスリープ状態であったというのはなんだかちょっとショックでしたが、主人であるルークとそれだけ強い絆で結ばれているんだなぁと思うと、それだけでちょっとウルっと。再起動時の飛び跳ねるあの感じはやばいでしょ。萌え死ぬ。

ルーク

1

2時間半の壮大な前振りを経てからの、伝説のルーク・スカイウォーカーの登場シーン。

マーク・ハミル。めっちゃ痩せたね…頑張ったね…!!

【※一言アドバイス】スターウォーズ初心者さんにはやっぱり事前に旧作も全部見て欲しい!

ちなみにフォースの覚醒、「初めてスターウォーズを見る人でも楽しめる!」とは言われていますが、せっかくの最新作の全てを惜しみ無く楽しむ為にはやっぱり4,5,6,1,2,3をしっかりと見て、スターウォーズ・サーガを理解してから見ていただくと更に良いかなと。なぜなら、まず4,5,6を知らないと、フォースの覚醒にてみんなに探し回られている伝説の”ルーク・スカイウォーカー”がどんな人物で、過去にどんな事を成し遂げてきて、そういえばなぜ腕が機械なのか?などなど分からないことだらけになってしまいますもんね。知っておいて〜

レイとカイロ・レンの関係性

5

そして今作の中で個人的に特に気になったのは、ハン・ソロが息子であるカイロ・レンの名前を「ベン!」と呼んでいたこと。

確かスターウォーズの原作だと(ネットで原作について調べてみただけですが)ベンとはベン=スカイウォーカーのことで、ルークの息子っていう設定だったハズでした。しかし映画内ですと、事前にあったレイアとソロの会話シーンの流れを汲んでも、ベンは二人の息子という設定でした。…となるとやっぱり、主人公レイはソロとレイアの娘ではなくルークの娘という設定で、フォースの覚醒のラストシーンは実は父娘の再開だった…!という、超重要なシーンとなってくるのかもしれません。原作とは違う、世界の誰も未だ知らない映画オリジナルのストーリー展開に心より期待です。

それに考えてみると、レイのフルネームはまだ公開されていないんですよね。これはつまり…!?

ep8が待ち遠しすぎますね。

海外ドラマ好きには思わずニヤけるキャストも

映画を見ながら「この人は!!!」と気づいた人だけですが、こんな方々も出演されてたんですね。

ケン・レオン→パーソン・オブ・インタレストのレオン・タオ役

2

グレッグ・グランバーグ→HEROSのバークマン役

1

スターウォーズの歴代キャストは出演当時は無名のキャストが多い事で有名ですが、スクリーンの中にて知った顔の方がチラッと見えただけでも、思わずニヤけました。海外ドラマ好きな方でしたら、きっと気づいたハズ。

エピソード8の公開は2017年7月1日!(予定)

アメリカ公開はちょっと早い5月26日予定とのこと。2017年なんてあっと言う間ですね!ちなみにep9も2019年公開らしいですし、ディズニーさんならスケジュールはしっかりと守ってくださると思われるので、今から楽しみすぎます。

ちなみにep8の監督は、名作SFサスペンス映画「LOOPER/ルーパー」監督のである、ライアン・ジョンソン監督。ルーパーはスタイリッシュな映像とテンポの良い展開に加えて、胸が苦しくなるほどの切ないラストがとても印象的な隠れた名作なので、ep8の公開前にはぜひともチェックしてみると良いかもです。

あ、2月からのスターツアーズ・フォースの覚醒ver(期間限定)にも是非とも行かねば。

東京ディズニーランド 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の世界が楽しめる 「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」スペシャルバージョン 2016 年2 月上旬よりスタート | 【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

こちらもオススメ!

フォースの覚醒で初登場となったファースト・オーダーの将軍こと、ハックス将軍。

今作ではビシッと髪型をキメ、威厳のある角ばった衣装を纏った、なんとも貫禄に溢れたハックス将軍でしたが、その役を演じたドナルド・グリーソンさん、実はこんな作品にも出演されています。役所が180度どころか540度くらいに違うキャラクターとして出演している(しかもそれがとてもナチュラルで引き込まれる)ので、ぜひどちらも見比べていただくとおもしろいと思いますよ〜

【映画】『アバウトタイム』の感想。人生の早いうちに見ておきたい映画トップ5に、ランクイン確実。

【映画】『エクス・マキナ』観ました。美しく静かなSF作品がらも先の読めないサスペンス

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。