【映画】『君の名は。』のネタバレあり感想。~てっしーと四葉ちゃんがMVP~

シェアする

1

『君の名は。』観ました。四葉ちゃん、最高でした。

▶︎公式サイトはコチラ

美しかった。本当に美しかったです。新海監督作品を映画館で観たのは初だったのですが、映画館の大スクリーンで観る(その劇場の1番大きいスクリーンでした)新海監督の世界は、当然ながら家庭用テレビとは比較にならないほどに美しかったです。夕焼けシーンで泣きたくなるって、どんだけなんでしょうかね。ちなみに新開監督の過去作品、『秒速5センチメートル』の美しい田舎景色も、ぜひぜひオススメです。

【Hulu】「秒速5センチメートル」〜”ノスタルジック”という言葉をそのまま映像化したような美しさ〜

以下、『君の名は。』を見てのネタバレしまくりです!ご注意を。

と、映画の内容感想ももちろんなんですが、まずはこちらに感動いたしました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

「映画×音楽」というよりも、「音楽×映画」

2

と言ってもいいのではないかな?と思うくらいに、RADWIMPSワールドがハマってました。もし、「まず曲ありきで、映画を作りました」と言われたらそのまま信じてしまうだろうなぁというくらいに。実際は映画と曲、同時進行の製作だったみたいですね。RADWIMPSはこの映画の製作に合わせて1年以上をかけて曲を作っていったとのことでしたが、その過程があったからこそなのか、メロディといい音といい歌詞といい、各曲が映画内の各シーンにばっちりマッチしていて、それぞれの曲が流れる度に、どんどんと深く新海監督ワールドに引き込まれていくような感覚があるんですよね。

特に前半の山場部分、瀧くんと三葉がお互いのカラダの入れ替わりに気づいた瞬間にドンッ!!と流れたRADWIMPS『前前前世』、グッときましたねぇ。映画のカットを合わせたverのPVなんかも見てみたいですね。

”やっと眼を覚ましたかい それなのになぜ眼も合せやしないんだい?…”

・・・

”どっから話すかな 君が眠っていた間のストーリー…”

ーRADWIMPS「前前前世」より、歌詞一部抜粋

あの瞬間にギアをチェンジしたかのように曲に合わせてハイライトを一気に辿って展開していくあの感じ、めちゃくちゃワクワクしました。

映画と歌詞アリの音楽を一緒に作ると、作品自体がここまでグッと引き締まるんだなぁと。おそらく普通はまず映画ありきで、既存の曲を主題歌に差し込んだりっていう感じですもんね。ディズニー映画とはまた違うかもしれませんが、作品と主題歌の一体感から生まれる世界観の表現方法に、グッときました。

さて、音楽はこのくらいにしてメインの感想を。w

運命は、変えられる

56

ちなみにですが、僕は『君の名は。』に関する前情報は、全く無しの状態で観ました。知っていたのは神木くんが声をやってるということくらい。

そして感想。

タイトルの『君の名は。』ってなるほど、そういうことだったんですね…!前半のストーリー的にはけっこう既視感のある展開だったので、お?これは後半の展開は大丈夫かな?山場はあるのかな??と若干ハラハラ(?)しながら見ていましたが、後半はストーリーよりも、グッとくる曲とBGMと、壮大かつ繊細な美映像と空を踊るようなアングルに完全にヤラれた感があった気がします。

彗星の接近がニュースで放送されているとか、宮水の御神体がある場所の地形がクレーターっぽかったり(あそこまで山道を歩いていくの、かなりしんどいでしょおばあちゃん…w)とか、至る所に彗星が落ちる、もしくは彗星の影響で何かが起こるプロットがあったため、この先、何か起こりまっせ!!感はしっかりと伝わってきておりましたが、だからこそ、新海監督は敢えて伏線を張った上でその先の展開をどんな風に描いてくれるのだろうか?という部分に胸を躍らせながら、スクリーンに眼を凝らしておりました。

4

瀧くんが奥寺先輩とのデート後、三葉の携帯に電話を掛けたシーンが、一つのターニングポイントでしたよね。

あぁ…..やっぱり二人の時間軸は…..!と、予想が確信に変わってからの展開がまた、おもしろかったですなぁ。何より、バッドエンドじゃなくて本当によかった。新海監督ありがとうございます!と言いたいです。

もし、”鬼畜パターン(仮)”のストーリー展開の場合、あそこから彗星が落ちるまでの三葉側の思い出をひたすら辿って、瀧くんへの届かぬ切ない想いを重ねに重ねて観る側を泣かせにくるパターンもあり得たとは思うんですけど、その展開を取らずに瀧くんが運命を変えるためにひたすら可能性を探って奔走して…!という非常に勇気づけられるパターンの展開であったあたりが、心底よかったですなぁホント…

あと、いろんな意味で、てっしー。勅使河原くん。彼はこの物語のMVPですよね。もし三葉の話が嘘だった場合、”友人にそそのかされて発電所を爆破した精神異常者”として最もとり返しのつかない人生を送るのは、彼ですよね。いや〜〜〜よかった。早耶香ちゃんとしっかりゴールインできたようで、本当によかったw

3

ちなみに、僕が新海監督の作品を観るのはこれで3作目(『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭』は見ました)だったのですが、初の大衆向け作品として製作されただけあって、過去の新海監督作品よりもグッとテンポが良く、感情を重ね易い内容になっていましたね。過去作品はもっと間を多くとっていたり言葉数少なめだったりと、静かで染み込むようなイメージが強かった覚えがあります。涙腺に効く風景や空色合いやリアルな雨描写などは変わらず素晴らしい作品ばかりですので、ぜひご覧になっていただきたいです。

想うヒトと繋がれない残酷さ

突然に思い立って東京まで出向き、やっとのことで電車に乗る瀧くんを見つけた三葉。しかし、この時点ではまだ三葉のことを知らない瀧くんが、満員電車の中で話しかけてくれた三葉に言った、

「…誰?おまえ」

の一言の、残酷さと切なさ…。この時点では二人の生きる時間軸が違うのでしょうがないとはいえ、観ている側としてはあれは本当にショックでしたよね……..でもあの出会いで二人が繋がったんだよなぁと思うと、切なさこそあれど、感慨深かったシーンでした。瀧くんが常に手首につけていたあの紐にはそういう役目があったのか!と。そして、電車内で見ず知らずの女の子から急に渡された紐をずっーと3年間身につけているなんて、なんて純情なんだ瀧くん!と。ていうか、そのまま電車を降りて話しかけた理由を聞こうよ、瀧くん…!と。

いろいろと現実的の世界の厳しさを長く見てきてしまった僕のようなアラサー男にとっては、あのシーンの(見ず知らずの筈の)二人があまりにも眩しすぎてキラキラしすぎていて、若干、画面から目を逸らしたくなってしまったことも嘘ではありませんが、人生って、自分がいつかどこかで出会うべく人とは、何らかのかたちで繋がっているのかナァ…繋がっていて欲しいナァ…と、感慨深く感じたシーンでした。

自分もいつか電車の中で三葉ちゃんに話しかけられた時は、まずはゆっくり話を聞こうと思いました。

四葉ちゃんのファインプレー集

7

あと、要所要所で強烈な存在感を放っていたのが、三葉の妹、四葉ちゃん。これはもう確実にいいお嫁さんになるであろう、デキる女ですね。四葉ちゃん。そんな四葉ちゃんのファインプレーの数々がこちら。

・毎朝、朝食前にしっかりと三葉を起こしてくれる

・寝起きにおっぱいを揉む三葉(中身は瀧)に、しっかりとツッコむ

・巫女という立場を活かした”JK口噛み酒ビジネス”をさらっと発案する

・泣きながらおっぱいを揉む三葉に対して、またしても迅速で的確なツッコミ

・そんな姉を置いてさっさと登校する

これからの成長が楽しみな才女です。

まとめ

大スクリーンでの新海監督の描く空と街並みは、まさに別格でした。黄昏時の空のシーンでストップして、暫くじーっと眺めていたいなぁと思ったほどに。ぜひぜひ大きめスクリーンにて上映されている劇場での鑑賞がオススメかと思います。

コメントの入力は終了しました。