【映画】『SCOOP!』の感想〜ぶっとんだ方法でスクープを連発するシーンがもっと観たかった…!〜

シェアする

3

オープニング。素晴らしかったですね。

映画配給会社のロゴが消える前からスタートした、大音量の喘ぎ声+カーセッ…(以下、自粛)

『SCOOP!』

観てまいりました。

劇場で観るのは殆どが洋画の僕なのですが(洋画は作品に膨大なコストが掛かっている分、大スクリーン+大音響が心地よいので)、チャラい方に振り切っていてワルな感じをこれっぽっちも隠そうともしない福山さんがとても斬新そうな感じがしたので、観てきましたよ〜

ざっくりとした感想としては、良かった面ちょっといただけなかった面、どちらもあったかなという感じでございます。(あくまでイチ、ミーハー映画好きとしての個人的な感想ですのでね!)

スポンサーリンク
Sponsored Link

映画『SCOOP!』の良かった点

%ef%bc%97

想像できなかったラストシーン

事前に何度か見ていた予告編の映像からは全っっっく想像できないような、ラストの展開でした。

良く言うと、ラストが想像できなくておもしろかった。

悪く言うと、期待していた方向とは路線が違ったのでちょっとモヤモヤだった。

正直に言うと、こんな印象です。想像のナナメ上をいく展開とは、きっとこういう際にも使われるのかなと。ナナメ上に行きつつも、最後は真っ逆さまに落とされたような感じであまりにも予想外だったので、見終えた直後の感覚としては「お、おぅ…」としか言えませんでした。見る人の求めるものや映画に対するスタンスによって、好き嫌いがハッキリしそうな感じの作品ですね〜コレは。

福山さんのドSっぽさ全開

福山さん映画を映画館で見たのって実は初だったんですけど、映画館の大音響で聴くとカラダの芯に響きますな〜…あのエロボイス。いやぁ、アレは癖になるわ確かに。

%ef%bc%98

更に、今作での福山さんは、ドSな行動や発言の中にもちょっとした愛を感じるような優しさや思いやりを感じる部分もあったりして、あれに萌えてしまう女性もきっと少なくないのだろうなぁとも思いました。ストーリー的には、吉田羊さん演じる編集長の定子(さだこ)さんから半ば強制的に押し付けられた二階堂ふみさん演じる新人記者、野火(のび)を育てるというのが福山さん演じる静(しずか)のミッションだったんですけど、何も知らない二階堂さんに(言葉はぶっきらぼうでしたが)分かりやすく的確に指示を出していたり、二人して狙った写真がばっちりと撮れた際にはしっかりと褒めつつ、一緒になって子供のようにはしゃいだりと、「あーこれは無邪気な少年の心を持ったまま大きくなった、女性受け抜群の悪いオトナタイプの男だ~」などど思ったりしましたよね。アレはヤらしい。モテる男だ。

あと、静さんの女性に対するスキンシップが、ことごとくナチュラルかつ、ちょっとだけ強引。そして様々な場面にて女性のおっぱいに触れるシーンでは、ワイルドかつどこか優しさも感じさせつつ。同じ同性からしてもアレには妬いてしまいますよね…分かりますよ…えぇ…

%ef%bc%91 %ef%bc%92

リリーさんと滝藤さんの演技がシブい

映画をご覧いただいた方はきっとみなさん同じ気持ちだと思うんですけど、チャラ源ことリリー・フランキーさんの存在感と狂気感、凄まじかったですよね。前半の「ひょろくて胡散臭いのに何かと頼りになる謎のおっちゃん」からの、後半の「あ、ヤバイこの人なんかヤバイヤバイヤバイ…」への変貌は、凄いです。まさに狂気でした。

しいて更に欲を言うならば、元妻と娘さんとの確執からだんだんと精神的におかしくなっていくチャラ源さんの様子を、もうちょっとだけ丁寧に描いていただけたら、より一層、チャラ源さん側にも感情移入ができたかもなぁ…と思ったりも。過去にあれだけ苦難を乗り越えてきて、かつ、静さんをあそこまで信頼して支えあっていた義理堅い男があそこまで壊れるには、どうしてもそれなりの時間と、そして小さくはない原因が関係してくると思うんですよね。きっと。

人の気持ちの変化に興味を持つタイプとしては、その辺りの変化をじっくりと見てみたかったなぁと思います。

%ef%bc%95

そして滝藤さんの体育会系出身との設定もありつつ、今時珍しいくらいに一直線でアツい男の感じも、またグッドでした。いい味を出されていますなぁ本当。

%ef%bc%96

ちょっとだけいただけなかった点

前半の”スクープ連発!”感をもうちょっと続けて欲しかった

予告編を見て福山カメラマンに期待していた流れとしては、”他人が誰も真似できないような仕掛けや手法で、裏側で悪いことを企んでる人のスクープを撮りまくっちゃう、ちょい悪・実はスゴ腕!変態カメラマンの成り上がりストーリー”的な感じを期待していた部分もあったんですよね。

しかし、実際の映画の内容的には、

”カメラマンの生き様とは?”

”いつか夢見た自分を取り戻すには?”

などなど、どちらかというと人生観に重きを置かれていたような感じがしまして、「テンポが良くてコミカルだけども知的で、かつちょっとエロい映画が観たいなぁ」というスタンスで劇場に足を運んだ自分としては、若干のモヤモヤ感を残してしまうかなぁといった感想でございました。

しかし、メルセデス・ゲレンデヴァーゲンの上に無造作に乗ってカメラを構えるなんて一般ピーポーからするとあまりにも贅沢すぎて想像ができないのですけれども、カッコよかったすな〜このシーン。こんな感じの、「普通だったらありえないけど、息がばっちりのコンビがやるとサマになる破天荒撮影シーン」がもうちょっと見たかったですね。

%ef%bc%94

「ロバート・キャパ」さんを知らないと話に置いていかれがち

ちなみにですが、どちらかというと映画にメッセージ性や腑に落ちる整合性を求めてしまうタイプである僕個人的には、上映中にはなかなか理解が及ばない、かつ鑑賞後に「???」の残ってしまう部分も多かったです。「ロバート・キャパって、誰?」「福山さんのイケイケゴリゴリのパパラッチ感、ちょっとばかり振り切りすぎじゃない?」「ベッドシーン….あれ、いる…?」「借金を抱えるフリーのカメラマンが、街中で目立つレベルのシブいゲレンデヴァーゲンに乗れる…?」などなど。

鑑賞後に以下のサイトなどを拝見させていただき、ようやく頭の中の整理ができてきた感じです。なるほど、深いすな。

(良くも悪くも)別売りの特別誌を見ないと、ストーリーの全貌は分からない

映画内では描かれる事のなかった、チャラ源さんの過去エピソードや静さんが専属カメラマンをクビになった理由など、こちらを見なくてはストーリーや設定の全貌が全く分からないという、なかなかヤラs…巧妙に考えられた構成となっております、なるほど〜。

個人的には、その辺りはちゃんと映画内で完結して欲しかったなァとも思いますけどね。敢えてモヤモヤを残したまま終わればそりゃ週間SCOOPを買う人も一定数はいらっしゃるでしょうけども、ね。見終えた後に映画館内で「なるほどなぁーーー!」ってスッキリしたいじゃないですか。