『シェイプ・オブ・ウォーター』の感想。これは純愛?それとも情愛?

映画

レトロな街並みと車とファッション、懐かしさと華やかさを感じさせるJAZZYなBGMが印象的な『ファンタジー・クリーチャー映画』、という印象の作品でした。R15指定なんですけど、R18でも良いかも?と感じるくらいに、観る人を選びそうな内容。好きな人はめっちゃ好きだし、苦手な人は本当に苦手かもなと思います。

スポンサーリンク




概要

「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロが監督・脚本・製作を手がけ、2017年・第74回ベネチア国際映画祭の金獅子賞、第90回アカデミー賞の作品賞ほか4部門を受賞したファンタジーラブストーリー。

1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたという“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くように。幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。そんな矢先、イライザは“彼”が実験の犠牲になることを知る…

「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスがイライザ役で主演を務め、イライザを支える友人役に「ドリーム」のオクタビア・スペンサーと「扉をたたく人」のリチャード・ジェンキンス、イライザと“彼”を追い詰める軍人ストリックランド役に「マン・オブ・スティール」のマイケル・シャノン。アカデミー賞では同年最多の全13部門にノミネートされ、作品、監督、美術、音楽の4部門を受賞した。

ー引用:映画.com

 

キャスト

(C)Getty Images

イライザ・エスポジート – サリー・ホーキンス
ストリックランド – マイケル・シャノン
ジャイルズ – リチャード・ジェンキンス
クリーチャー(半魚人) – ダグ・ジョーンズ
ロバート・ホフステトラー博士 – マイケル・スタールバーグ
ゼルダ – オクタヴィア・スペンサー
エレイン・ストリックランド – ローレン・リー・スミス
ホイト将軍 – ニック・サーシー
フレミング – デヴィッド・ヒューレット

なんだろう。全体的に神秘的な雰囲気を纏いつつ、良い意味で古ぼけた木材や埃や機械油の香りが漂っているような、とても不思議な感覚。終始、ぼーっと夢の中を漂ってるような感じさえしていました。ところどころ差し込まれるJAZZが効いてたのかな?あと、主人公のイライザが子供の頃のトラウマで声を発することができない、という設定の影響も大きかったのかも。イライザのセリフが一切ない分、彼女の一挙一動、もっと言うと、彼女の目線の走らせ方や、人知れず秘め事をする際の息遣いにまで、無意識のうちに引き込まれていくような。人間の五感って不思議ですね。声が無いとなると、他の部分に一気に集中するようになるんですね。

ちなみに主人公のサリー・ホーキンス。僕はお恥ずかしながらこの作品で初めて知ったんですが、昔から演技力の高さに定評のある女優さんなんですね。あの存在感にも納得。シェイプ・オブ・ウォーターでは慎ましい生活感や哀愁を感じさせるようなそのスタイルも印象的だったサリー・ホーキンスなんですが、別の画像では全身にハリがあり、生命力に溢れているようなお姿も拝見でき、女優さんの演技力と再現力ってすげぇ…!と、改めて感じた次第です。

http://ecowallpapers.net/sally-hawkins/

神と讃えられるクリーチャーと声を失った女性との愛

ギレルモ監督の作品は『パシフィック・リム』だけしか観たことのなかった僕ですが、この作品をきっかけにようやくギルレモ監督のこれまでの過去作品を知り、そして過去作品の評判を知り、パシフィック・リムではあまり表現されていなかったギレルモ監督のディープな面を、ほんの少しだけ知ることができたような気がしました。特撮とロボットの人ではなかったんですね、デル・トロ監督。

『彼』についての細かな説明や描写は一切なかったんですけれども、それがまたこの作品の神秘さをより深めていた気がします。いつから存在していたのか?アマゾンの現地では人々からどんな風に讃えられていたのか?どんなチカラがあるのか?何がきっかけでアメリカ政府に捕らえられたのか?なぜストリックランドは、あんなにも貴重な生き物をいきなり解剖してしまおうというアホな判断に至ったのか?などなど、気にすればキリがない疑問が湧いてくると思うんですが、そんなことはどうでも良いのです。語らないからこそ想像する楽しみが生まれる。そういうことも、あるのです。傷の治癒力を高めたり、ジャイルズの髪の毛を再び生やしたりと、なんだか神秘的な力があるんだな…!というイメージだけは強く残り、良きでした。

ところでこの映画。お恥ずかしながら完全にノーマークであった僕は、映画館に行く前にチラッとネット上のレビューをいくつか覗き見してから見に行ったんですが、そこで目にした幾つかのレビューで述べられていたのは、この作品が恋愛映画としてディズニー映画「美女と野獣」と比較された内容でした。

事前のイメージにて「クリーチャーと一人の女性の恋愛映画…なの….かな?」という印象を抱きつつ実際に映画を見てみますと、ん?なんだか美女と野獣ほど、シンプルなストーリーではないぞ…?という印象。なぜなら、

・主人公イライザは喋ることができない

・隣に住む絵描きの老人ジャイルズは自分の絵が世間に認められずに悩む。同性愛者

・ゼルダは黒人のため差別されている

・ホフステトラー博士はソ連のスパイ。ソ連とアメリカ政府の間で板挟みでツライ

・クリーチャーはそもそも何を考えてるのか不明

のように、登場人物それぞれが何かしらのハンディと悩みを抱えながら絡み合っているから。イライザとクリーチャーだけのやりとりを感想として切り取ると恋愛映画っぽく見えるかもしれないんですけど、この映画のテーマって恋愛じゃないですよねたぶん。社会的にマイノリティとされる側の人たちが、同じく、社会的(どころか地球上の)マイノリティな立場に置かれたクリーチャーの存在を否定せずに、ありのままを受け入れる物語。この「ありのまま」の受け入れ方が、イライザにしてもジャイルズにしても懐が半端なく広くて、たとえ飼い猫がクリーチャーに噛み殺されたとしても、「それが彼の本能だから仕方がない…」と即座に受け入れてしまうほど。あのシーンはなかなかに衝撃的でした。この作品の中でもかなり重要なワンシーンだったのではないかなと、個人的には感じます。

愛ってなんぞや

映画館でこの作品を観ながらふと脳裏によぎったのは、「愛ってなんだろか」という、居酒屋で酒の席の話題にすることもちょっと躊躇われるような疑問。クリーチャーの『彼』はパッと見てわかるように明らかに人間ではないですし、陸上でずっと生きられそうもないですし、どう考えてもイライザたち人間と同じ環境、生活リズムで共同生活を送ることができそうな印象は、1ミリも感じませんでした。

にもかかわらず、イライザは研究施設で『彼』を一目見た瞬間からその存在に惹かれ始め、ゆで卵とレコードと手話を通して少しずつコミュニケーションをとるようになり、やがて『彼』と共に暮らし、なんと肌を重ねるようにまでなっていきます。

そんなイライザと彼のやりとりを見ながら僕が思ったのは、

これって、人間が人間を想う愛なのか?

それとも、人間が動物に抱くタイプの愛なのか??

ネット上では「美女と野獣」とよく比較されているこの作品なんですが、個人的には後者を丁寧に描き込んだ作品のような感じを強く受けていまして。それでいうと、美女と野獣とは違う軸で語るべき作品なのではないかな?というのが、僕自身の正直な感想。もちろん、動物など人間以外の生き物に対する愛情と人間に対する愛情は、決して同列で比較して語れるものではないと思いますし、そこに優先順位も存在しないと思います。

が。

この作品を『人間と人間の恋愛映画』という切り口で見ていると、なんとなく違和感を感じ得ずにはいられなかったんですよね…(※心の狭い現実的な思考しかなく恐縮です…)。男女間で語られる愛というよりも、母が子に見せるような母性的な愛という表現が近いのではないかな?という印象。極秘施設内にて自分以外のあらゆる人間から異質な目で見られていて、さらにストリックランドを始めとする権力者たちによって実験のために解剖されようとしている『彼』の理解者は、今この瞬間には、世界中で自分しかいない。自分だけが彼を助けられる立場にある。なんとしてでも自分が守る…!という感じなのかなと。

そうなると、自宅のお風呂場に水を満たして重なりあったあのシーンがまた違った意味を持ってくるような気もするんですが、あの時のイライザの心理変化を、母性本能からくる性的な昂まり、と考えてみるとあの展開に違和感はなさそうとも思えますし、例えるなら、突然記憶喪失になってしまった成人男性に、全身を使って人肌の温もり・心地よさを伝えたくなるような心理…みたいなものに近いのかなと。

子を想う母の愛は、深し。

まとめ

映画の感想が「めちゃくちゃ好き!」か「全然理解できない…」の二択にぱっくり分かれそうな内容でしたね。個人的には「超おもろかった!」とは言えませんが、考えさせられる作品だなと。あと、ギレルモ監督作品って音楽が印象的ですね。パシフィック・リムの音楽は血が沸るような感じが大好きだったんですけど、シェイプ・オブ・ウォーターの音楽は華やかさと寂しさと愛おしさが漂う印象で、作品の深みを増していたなぁと。この映画を見ても大丈夫そうな人にはオススメしてもようかなと思います。

さて。

ギレルモ監督といえば、いよいよ2018年4月13日に『パシフィック・リム2:アップライジング』が公開されますね。スターウォーズ新3部作のジョン・ボイエガが出演しているということもあり、こちらも今から楽しみすぎます…!

映画『パシフィック・リム:アップライジング』
全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』の熱狂から5年。イェーガー、超巨大KAIJU、日本上陸!新たな戦いの幕が開くアクション超大作、大ヒット上映中!



映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
shigeをフォローする
映画と海外ドラマと私